職業設計


最初の仕事を一生続けるのは至難の技である。
30代から50代まで一つの仕事を続けたら、
その後はもう一つの専門も活用したいものである。
早くから第二・第三の専門を模索してその準備をしておくと良い。

▶︎職業設計の具体例

01. Aさん) 新卒就職(都市銀行)〜3年後同業種(地銀)へ転職
02. Aさん同業種(地銀)へ転職後〜6年後異業種(損保)へ転職
03. Aさん) 異業種(損保)転職後〜6年後異業種(生保)へ転職
04. Aさん) 異業種(生保)転職後〜6年後異業種(教育)へ転職
04. Aさん) 異業種(教育)転職後〜6年後同業種(FP教育)で起業

01. Bさん) 新卒就職(情報通信)〜〜10年後異業種(教育)へ転職
02. Bさん異業種(教育)へ転職後〜10年後同業種(教育)で起業
03. Bさん同業種(教育)起業後〜10年後異業種で起業(IT教育)

上記のような職業設計の場合は転職準備として3年程度の職歴と
スキル学習が必要です。